HOME ブログTOP>アーカイブ

2012年08月30日

残暑が続いています

 立秋はもちろんのこと、処暑~暑さが峠を越え、後退し始める頃~も、過ぎたというのに、厳しい暑さは、なかなかおさまる気配がありません。ただでさえ寝苦しい夜が続いているのに、おまけに今朝は、久しぶりの大きな揺れで、眠りを妨げられた方も多かったのではないでしょうか。

 今週月曜日から、一学期後半がスタートした幼稚園。昨日、おとといは、朝のスクールバスを降りてくるときから(あるいは、乗車するときから)大泣きで、年度初めに逆戻りのようなお友だちもいましたが、今朝は、昨日まで泣いていた子も、泣かずにバスを降りてきたようです。

 その年によっては、夏休み明け、ほとんどプールに入る機会のないまま、涼しくなってしまうこともあるのですが、今年はご覧の通り。早くも運動会の練習が始まった年長組さんは、練習で流した汗を、シャワーで洗い落とし、いつまでも水から上がりたくない様子でした。

 

0830.jpg 先日の「夏休み終わりの式」で、子どもたちに、「暑い日が続いているので、少しでも涼しく過ごせるよう、襟のない、Tシャツ(白・無地に近いもの)での登園でかまわない」ということを話しました。向こう一週間も、毎日、最高気温が30度越えの予報です。

 園の活動も、こまめに水分補給し、休憩をとりながら進めていきたいと思います。子どもも大人も、体調管理に十分気をつけながら過ごしていきましょう。 お子さんが疲れているな...と思ったときは、無理に登園させず、ゆっくり休養をとってください。食欲の落ちているときは、いつもよりちょっと大目に見て、好きなものを中心に食べさせてあげるのも良いかも知れません。冷たいものばかり摂りすぎないように気をつけましょう。

投稿者: 西多賀幼稚園 日時: 2012年08月30日 11:45

2012年08月08日

残暑お見舞い申し上げます

 今日は『立秋』です。昨日までの暑さから一転、涼しい風が吹き、しのぎやすいお天気の朝を迎えましたね。

 37日間の夏休みの、18日が過ぎました。ちょうど折り返し地点といったところでしょうか。今日は自由登園日、クラスによって多少差があったものの、登園してきた子どもたちは、久しぶりの友だちとの再会をよろこんでいました。年長・年中組はプール遊び、年少組は砂場やシャボン玉遊びなどを楽しみました。お日さまが、雲の切れ間から時折顔を出す程度だったので、文字通り「冷たい水の感触」でしたが、年長さんは、ウォータースライダーで水しぶきを上げていました。

0808 005.jpg 今日までのところ、大きな事故や怪我の連絡等はなく、ホッとしているところです。子どもたちの口からも、「ディズニーランドに行ってきたよ」「大きなプールで遊んだよ」と、楽しい報告が聞かれました。しかし、全国的に見ると、水の事故や交通事故などが絶えません。今後も引き続き、お気をつけください。

0808 006.jpg 年中組のみんなが育てていたオクラ、夏休みの間に、こんなに大きくなりました。

 

0808 007.jpg 次の自由登園日は、22日(水)です。夏休み明けの登園は、27日(月)からとなります。夏休み後半も、元気に過ごしてください。

 

 最後は、夏まつり会の際のスナップを少し...。皆様のご協力により、楽しいひとときが過ごせましたこと、御礼申し上げます。

 

0808 002.jpg

                        ↑先生方の熱演に、腰がひけてしまう子も...。

 

0808 004.jpg                       ↑西幼オールスターズです。

 

投稿者: 西多賀幼稚園 日時: 2012年08月08日 10:57

2012年08月03日

平成24年度も、夏休みに入りました。園児も成長をしてます。

 西多賀幼稚園の 平成24年度も、4月11日の年長組の始業式、12日の年中組・年少組の入園式・始業式から始まりました。中止した行事もありましたが、その他の活動は、無事に終わり、そして、夏休みに入りました。

 

 この間、西多賀幼稚園では、教育目標 『子どもたちの主体的な遊びを通して、心身ともに豊かで、調和のとれた子どもたちの育成に努める』 の達成や、 めざす子ども像

『楽しんで活動する子ども』、『元気に遊ぶ子ども』、『素直な心で活動する子ども』の育成をはかるために、取り組んできました。

 特に今年は、『子どもたちに、いろいろな体験を、積ませてやりたい。』『いろいろな体験を積ませてやるために、さまざまな活動に、力を入れていきたい。』ということで、努力をしてきたところです。

 また、次のようなことでも、子どもたちが、成長をしていけるように、各年次・各学年の保育で、がんばってきたところです。

 

 例えば、1つ目としては、力の持っている子どもたちの 健全な心と体の成長のために、『日常の保育を通して』、『遊びを通して』、子どもたち一人一人を見つめ、良いところを見つけるなどしながら、子どもたちに接してきたところです。

 そして、『がまんする力』、『話を聞く力』、『自分の考えを話す力』、『友だちと遊び力』、『思いやりの心』などを、育てていきたいと、保育活動をしてきたところです。

 

 次に、2つ目としては、これから育っていく子どもたちの 心と体が、健全に育っていくように、小さな1歩ではありますが、『だめなことは、その子をさとすやり方で、だめ』と伝え、『良いことは、認め、ほめる方法』で、教職員全員が、それぞれの立場で、それぞれの部署で、子どもたちに、接してきたところです。

 

 次に、3つ目としては、子どもたちの良い生活基盤ができていると、自分の気持ちがコントロールでき、心や体の健全な成長にもつながる話を聞いております。そこで、良い生活基盤を作るためには、次のようなことで、ご家庭のご協力を、お願いしてきました。

 それは、『朝食を、きちんと取ること』や、また、『夜、遅くまで起きていないこと』、『家庭で、話をすること』なども、お願いしてきました。

 

 そのようなことにより、西多賀幼稚園の子どもたちは、例えば、話の聞き方、話の仕方、生活の仕方、活動への取り組み方などで、それぞれみんなが、成長してきているととらえています。所属年次・学年なりに、力を発揮してきていると思っております。 

 

 今後も、子どもたちのために、教職員全員で、がんばっていきます。保護者の皆様方、これからも、よろしくお願いいたします。

投稿者: 西多賀幼稚園 日時: 2012年08月03日 12:59