HOME ブログTOP>アーカイブ

2013年12月27日

クリスマス会食をしたよ!

 生活発表会も成功に終え、12月19日、子どもたちがずっと楽しみにしていたクリスマス会食をしました。

 

 年長組では、ロールケーキに生クリームを塗り、苺や星型のパイナップル、アポロチョコレート、ビスケットをトッピングしました。

トッピングの仕方は様々で、時間をかけながら、こだわって作っていましたよ!

 

 全員がトッピングを終え、いただきますをすると、「せんせい、かんぱいするからしゃしんとって!」というグループも☆

 

 

DSCN5730.jpg

DSCN5728.jpg

 

 自分で作り、みんなで食べると、美味しさは倍増!あっという間に完食していました。

 

 冬休み中、お子さんと一緒に、簡単な料理を楽しんでみてはいかがでしょうか?きっとはりきってお手伝いしてくれますよ! 

 

 

 

 

投稿者: 西多賀幼稚園 日時: 2013年12月27日 15:18

2013年12月25日

クリスマスパーティーをしたよ!

 

 12月19日、年中組では各クラス毎に、クリスマス会食を行いました。

 ビスケットに、生クリームをのせて・・次は、星型のパイナップルをトッピング!最後に、マーブルチョコレートでカラフルに仕上げました。一人三枚のビスケットを思い思いに、こだわって作っていましたよ。自分でこだわって作ったこともあり、子どもたちは 大きなお口であっという間に食べてしまいました☆彡

 前回の親子クッキングで調理したことを思い出しながら、楽しんで調理していた子どもたち。今回は自分の力だけで仕上げられたことで、格別な味だったようです!

 エプロンを着るのもとっても上手で、この時間は小さなお母さんがたくさんいましたよ。簡単で安全な調理ですので、ご家庭でも作ってみてくださいね。

 次は・・今育てている大根を使ってのクッキングを予定しています!

大根さん、早く大きく育ってね~。

20131225000621.jpg20131225000533.jpg

投稿者: 西多賀幼稚園 日時: 2013年12月25日 08:48

2013年12月20日

ホットケーキを作ったよ!!

 来週のクリスマスを前に、クリスマス会食を行いました。

 今回、年少組では、各クラス4~6名のお母様方にお手伝いに来ていただき、ホットケーキ作りに挑戦しました。

 

 DSC06427.jpgテーブルごとに、ホットケーキミックス・卵・牛乳をボウルに入れて、順番に泡立て器で混ぜ混ぜ...お友達と応援し合いながら、みんな、一生懸命混ぜていました。

 ホットケーキを焼いてもらっている間は、「いい匂いがしてきたね!!」、「早く飾り付けした~い✩」とドキドキ・ワクワクした表情の子どもたち。ホットケーキがきれいにひっくり返ると、拍手が起きる、なんて場面もありました(笑)

 

 焼きあがったら、今度は、飾りつけに挑戦!!生クリームをたっぷり塗って、イチゴとチョコ菓子をトッピング♪トッピングの仕方にも個性が出て、自分だけの素敵なケーキが出来上がりました。

 

 自分たちで生地を作り、飾りつけをしたケーキは最高だったようで、どの子も口の周りに生クリームを付けながら、ニコニコ顔で食べていましたよ。

 自分が調理に加わると、おいしさは倍増します。冬休み中にも、一緒にお料理をしてみるのも良いかもしれませんね。明日からの冬休み、病気やケガに気を付け、楽しいお休みを過ごしてください。

 最後になりましたが、会食のお手伝いに来てくださったお母様方、ご協力ありがとうございました。

投稿者: 西多賀幼稚園 日時: 2013年12月20日 07:59

2013年12月13日

生活発表会~園内の部~をおこないました

 昨日、おとといの二日間にわたって、生活発表会園内の部をおこないました。

20131212 001.jpg 明日、明後日の保護者公開日のリハーサルも兼ねて、子どもたち同士で、演じたり、お客さんになって友だちの発表を見たりし合いました。

 20131212 002.jpgどのクラスも、楽しく華やかなステージです。

 20131212 003.jpg 練習の時から、他のクラスの歌やダンスを覚え、見ながら一緒に歌ったり振りを真似したりする姿もありました。

 20131212 004.jpg約1か月間、話し合いや練習を積み重ね、みんなで作り上げたステージです。

20131212 005.jpg いよいよ、明日からは保護者の皆様にご覧いただきます。子どもたちは、お父さん・お母さんに見ていただくことを、とても楽しみにしています。もしかしたら、たくさんのお客様を前に緊張してしまったり、お家の方がいらしてくださったことで、かえっていつもの調子が出なくなってしまったり(案外そういう子もいるのです...)するかも知れませんが、どうぞ温かい目で見守ってくださるようお願いします。

20131212 006.jpg 予報では、土日は寒くなるとのこと...。既にお知らせしております通り、体育館内の大きいヒーターは、演技が始まる直前に消させていただく予定です。おいでになる皆様には、防寒対策をよろしくお願いいたします。膝掛け・貼るカイロ・薄手の敷物など、各自ご用意いただくと良いかと思います。

 皆様のお越しをお待ちしております。

  20131212 008.jpg子どもたちの輝く姿、ぜひご覧ください。

投稿者: 西多賀幼稚園 日時: 2013年12月13日 09:18

2013年12月05日

餅つき会をおこないました

 今週末は、二十四節気のひとつ「大雪」(おおゆきと書いてたいせつと読む)です。暦の上では、北風が吹き、平地にも雪が降る頃とされていますが、今日はとても穏やかなお天気の一日でした。園では、来週おこなわれる生活発表会に向けて、各クラスとも、毎日一生懸命練習していますが、今日は、練習をひと休みして、この時期ならではの楽しい行事、「餅つき会」をおこないました。

 

 DSCN5602.jpg体育館の中央には、大きな臼と杵が置かれています。そこに集合したみんな、園長先生のお話のあと、お餅の話(お餅は何で出来ているのか・どんな食べ方があるのかなどなど...)を聞きました。そこへ、ふかふかに蒸し上がったもち米が届き、餅つきの始まりです。お餅になる前の、蒸かしたもち米を見て、「いいにおい」「美味しそう~」と、口々に感想を言い合っています。初めにバスの先生方が、臼の中でしっかりもち米をすりつぶすようにしてから、ぺったんぺったんと餅をつき始めます。

 

 

DSCN5604.jpg 

  

みんなのクラスの担任の先生が、交互に杵を持って餅をつくと、子どもたちからは、「先生頑張れ~!!」の声援が飛びます。少しついたところで、途中で一回臼から取り出して、子どもたちに見せて回ると、さっきのお米状の粒々がだいぶなくなり、お餅に近い形になっていることに気付いたようでした。再び、臼に戻してぺったんぺったんし、最後は力の強い園長先生やバスの先生が仕上げをしてくれました。

 

 

 

 

 

2013125.jpg つき上がったお餅をもう一度見てみると...粒々はなくなり、まっ白でつるんとして、ほっかほか。びよ~んと伸びて、みんなびっくり!!です。このあと保育室に戻って、美味しいみたらしあんのかかったお餅を食べました。一人2個だったのですが、年長組のお兄さんたちには、少し物足りなかったのか、お餅を取り分けたお皿に残ったあんまで、ペロペロ。きれいに食べてくれたそうです。

 

DSCN5606.jpg 臼と杵を使っての餅つきは、今では珍しくなってしまいましたね。スーパーやコンビニエンスストアでは、一年中お餅を買うことが出来る時代ですが、みんなで餅つきをして、新しい年を迎えるという伝統、これからも大切に子どもたちに伝えていきたいと思いました。

 

DSCN5608.jpg 

投稿者: 西多賀幼稚園 日時: 2013年12月05日 15:17

2013年12月04日

予告無しの避難訓練②

 12月2日におこなった『予告無し避難訓練』、昨日は地震訓練の場面をお伝えしました。さて、今日は...。

 

 地震訓練では、突然の揺れという設定にもかかわらず、ほとんどの子どもが、落ち着いて先生方の指示に従い、自分の身を守ることができていました。「揺れが収まりました~」の放送で、緊張も解け、また元気に遊び始めた子どもたちでしたが、その数分後、またもや突然に、聞き覚えのある「火事です、火事です、火災が発生しました」の放送と、けたたましいサイレンの音が、幼稚園中を包みました。

 以前おこなった避難訓練のときに、火災の緊急放送を"聞く練習"もしていた子どもたち。園庭で遊んでいた子どもたちは、再び園庭の中央に集まり、手で口を押さえています。また、園舎内にいた子どもたちは、教職員の誘導のもと、手やハンカチで口を押さえて、上靴のまま、足早に園庭に避難してきました。それでも中には、上靴も外靴も履かず、靴下だけの園児や、直前に遊んでいたときに使っていた物を、しっかり手に持ったまま逃げてきた子もいましたよ。

 園児全員が建物の外に避難したことを確認したのち、クラスごとに人員確認をおこない、二次避難場所へ移動しました。そこで園長先生からも講評をいただき、慌てず、騒がず、パニックにならずに避難できたことを褒めていただきました。子どもたちには、どんなに大切な物でも、みんなの命より大切な物は無いのだということを再確認。みんな、真剣な表情で話を聞いていました。

 

 そんなこんなで、ちょっぴりドキドキの予告無し避難訓練は終了。私たち教職員の予想よりも、ずっと落ち着いていた子どもたち。手前味噌ですが、とっても立派でした。教職員間でも、今回の訓練をしっかり振り返り、反省点や改善点を今後の園生活に活かしていきたいと思います。

 

 空気が乾燥し、火災が起こりやすくなる季節、そして最近も小さな地震がよく起きますね。備えあれば憂いなし、大人も子どもも、みんなで気をつけていきましょう。なお、今後は『園に不審者が侵入した場合の訓練』などもおこないます。(これもなかなかリアル。子どもたちはちょっとビックリしますが、この訓練も、とても大事なことです。)思いがけない事故や天災は、起きないことが一番ですが、それぞれのご家庭でも、「もし○○○の状況で、×××が起きたら...」のシミュレーションをしてみるのも良いかもしれませんね。

 

 

投稿者: 西多賀幼稚園 日時: 2013年12月04日 15:20

2013年12月03日

予告無しの避難訓練①

 季節はすっかり冬になりました。長い間更新が滞っていましたが、反省の意を込めて、園での子どもたちの様子をちょっとずつお伝えできれば...と思っています。

 

 さて、昨日の朝の自由あそびの時間に、『予告無しの避難訓練』をおこないました。これは、文字通り、なんの前触れもなく、急に始まる訓練です。

 本来、地震や火災は、今から起きますよ~などという前触れはなく、急に起こります。それでも、実際に園の中で避難訓練をする際は、前の日のうちに、各組担任が「明日は地震や火事の時の、逃げる練習をします」と予告し、むやみに子どもたちの不安や恐怖心をあおらないように配慮しながらおこなってきました。

 しかし、昨日の避難訓練は、子どもたちはもちろん、一部の教職員以外は、先生方も知らないという状況下で、突然大きな地震が起きたところから始まりました。

 この時期にしては穏やかな天気に誘われて、園庭で遊ぶ子どもが大勢いました。ドッジボールをしたり、長縄飛びをしたり、思い思い楽しく遊んでいるところに、「大きな地震発生!!」の放送が入ります。園庭にいた子どもたちは、園庭の中央に集まり、かがんで頭を押さえます。が、何人かの園児は、慌てて園舎内に戻ろうとして、「戻っちゃだめ~!!」と制止されました。(これまでの訓練は、室内にいるときにおこない、机の下にもぐるというのが"定番"だったため、とっさにその行動を取ろうとしたのかも知れません...)

 室内で遊んでいた子どもたちには、「しゃがんでダンゴムシのように身体を丸めて、手で頭を押さえましょう」の放送に従って、慌てることなく落ち着いて揺れが収まるのを待ちました。

 園庭にいた教職員、園舎内や職員室にいた教職員は、それぞれ、園児の安全確保のため、大きな声で子どもたちを呼び集めたり、園舎内に散らばって、園児に怪我がないか確認したり、安心させるように声をかけたり、避難の誘導にあたったりしました。

 

 「揺れが収まったようです」の放送に、ホッとした顔を見せる子どもたち。それまでしていた遊びを再開しました。ところがこの数分後...またもや予告無しの『あること』が起こります...。

 

 この続きは明日...。 東日本大震災が起きてから、明日でちょうど1000日になるのだそうです。子どもたちの小さなこころの中にも、いざというときに備えるということや、自分の命は自分で守るということを、しっかり教えていかなければならないと、改めて気付かされますね。

 

 話しは代わって、園では、生活発表会に向けて、どのクラスも一生懸命練習しています。どの子も、頑張っています。どの子も、輝いています。保護者公開日まで、今しばらくお待ちください☆

投稿者: 西多賀幼稚園 日時: 2013年12月03日 17:21