HOMEブログTOP> 火の神からの手紙

火の神からの手紙

 

 日差しが強く、真夏のような暑さの日が続き、梅雨がいつの間にか過ぎ去ってしまったかのような天気ですね。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

 そんな晴天の中、7月10日は7月生まれの誕生会を開催しました。

 

 7月は七夕があり、夏休みに入り、夏祭りもあり、そして一番のビッグイベント、お泊まり保育もあります。これまで子どもたちは、不安な気持ちや楽しみな気持ちを共有しながら、当日を心待ちにしています。

 

 

 

 そんな楽しい行事がたくさんある7月に生まれた年長さんは男の子8人、女の子2人の10人!

 

 

 だけでなく、年長からはみのり先生とまきこ先生の二人も7月生まれで、計12人のお祝いでした。

 

DSC00388.jpg

 

 

 7月のお友だちを紹介し、歌と言葉のプレゼントが終わり、先生からのお楽しみの時間です。

 

 

 と、そのときあずさ先生が、年長さん宛てに届いた謎のお手紙を持って来てくれました。

 

DSC00394.jpg

 

 

 宛名を見ると・・・・・  火 の 神

 

 切手も、住所も書いていないのに、ちゃんと届いたこの不思議なお手紙は、火の神様からでした。子どもたちは、「え!!どこに住んでいるんだろう」 「なにが入っているんだろう」と興味津々でした。

 みのり先生が中身を見てみるとそこにはこんなことが、書かれていました。

 

 

DSC00406.jpg

 

 

 

 

 火の神は、年長さんがお泊まり保育をすることや、キャンプファイヤーをすることを知っていたんです!! 子どもたちは「何で知ってるんだろう!!」 「お泊まり保育に来るの!?」 ととっても気になる様子でした。

 

DSC00401.jpg

 

 西多賀幼稚園に火の神からお手紙が届くのは初めてのことです。お泊まり保育に対する期待が、より一層高まったようでした。

 

 

 待ちに待ったお泊まり保育も、明後日です。いろいろな気持ちを胸に登園してくるみんなのことを笑顔で迎え入れ、一生の思い出になるよう一緒に楽しみたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

 


« 前の記事  | 記事一覧 |    次の記事 »