HOMEブログTOP> 自分だけのお皿を作ろう

自分だけのお皿を作ろう

 凍てつく寒さの毎日です。日本海側や、遠く九州でも、ずいぶんと雪が降っているそうですね。

 冬休みが終わり、園の中はにぎやかな子どもたちの声が飛び交っています。昨日の「冬休み終わりの式」では、体育館に揃った全園児が、「あけましておめでとうございます。」のあいさつをして、新しい年を祝いました。

 このブログにも何度か書いているように、西多賀幼稚園は二期制なので、三学期ではなく二学期後半がスタートしたことになりますが、1・2・3月が終われば、年少・年中さんはひとつ大きい組へ、そして年長さんは小学校へ...。みんなで一緒に過ごせるこの三か月間を、大事にしていきたいですね。

 

 さて、昨年、一昨年につづき今年も、年長組のみんなが卒園記念品の絵皿作りをおこないました。世界にたったひとつだけ、自分だけのお皿を作るのに、どの子も真剣な表情でした。毎年お願いしている、泉区の『くんぷう』さんの窯で焼き上げ、お雛様の頃に完成予定、そして卒園式の日にみんなにお渡しすることになっています。

 

  20180111081422.jpg    20180111081446.jpg

 

 出来上がりを楽しみに、卒園式までの一日いちにち、たくさん思い出を作りましょうね。

 

 

 


« 前の記事  | 記事一覧 |