HOMEブログTOP> 無事に1か月過ぎました

無事に1か月過ぎました

 6月も今日で最終日。そして、2020年も今日で半分過ぎたことになりますね。なんという半年だったのでしょう...。

 新型コロナウイルスの影響で、休園に次ぐ休園。春先には、幼稚園は、いえ、私たちの生活のすべてはいったいどうなるのかと不安に思っていました。夏のような暑さの中でも、大人も子どもも、外出時にはマスクが必須のこんな生活...そのような中でも、西多賀幼稚園の園生活が無事に1か月過ぎたことに、安堵の気持ちがわきます。ご家庭でもたくさんのご協力、ありがとうございます。

 6月初め、再開した園での生活において、「カレンダーは6月、でも子どもたちは4月と思って接していこうね。」と確認し合いました。案の定、幼稚園が始まったばかりの頃は、いつもの4月のように大きな声で「ママ~」と泣き叫ぶ年少さんや、新しい担任や友だちになかなか慣れずにいる年中・年長さんの姿もたくさんありました。ただ幼稚園に慣れるというだけでも大変なのに、今年度はコロナウイルス対策のさまざまな約束事も増え、午前保育の2週間はあっという間でした。でも、日にちがたつにつれて少しずつ慣れていく様子が見られました。ひとつずつ新しいことを覚え、ひとつずつできることが増えていくみんなの姿はステキです。慢心や油断は禁物ですが、今日のこの状態を見ると、1か月という短い期間で、みんなとっても成長したなぁ...と思います。花マルです。

 月が替わっても、コロナウイルス感染症への注意や警戒は変わらず、プールや流しそうめんの行事も見送ったり、縮小したりと、いつもの年に比べたら、ちょっぴりもの足りない夏になってしまうことは否めません。ですが、「コロナだから〇〇だった」ではなく、「コロナだけど〇〇だね」と、気持ちの舵をポジティブに持って、子どもたちと一緒にたくさんの経験をしていきたいと思います。

 写真は、6月1か月を振り返って、スナップあれこれ...。

DSCN9895301.jpg

DSCN9909304.jpg

   DSCN9907.jpg  DSCN9906309.jpg

   DSCN9911306.jpg  DSCN9924.jpg

DSCN9916.jpg
 7月もどうぞよろしくお願いします。

 


« 前の記事  | 記事一覧 |    次の記事 »