HOMEブログTOP> 工事が始まりました

工事が始まりました



 昭和59年に建設された、西多賀幼稚園の二代目園舎(現在の園舎)は、もうすぐ36歳。園舎の中はこれまでも少しずつお化粧直しをしてきたのですが、このたび屋上の防水改修工事をおこなうことになりました。

 保護者の皆様にはすでにプリントでお知らせしていましたが、予定通り本日より工事が始まりました。工期はおよそ2か月。例年であれば、工期中の大半が夏休みにかかるところでしたが、新型コロナウイルスの影響で、8月初めまで保育があることから、子どもたちの園生活と同時進行になります。安全面に十分注意して進めますので、ご理解をお願いいたします。


DSCN9969.jpg

 写真のように、園庭は一部囲いができ、保護者の皆様には、しばらくの間、西側(職員室側)通用門からの出入りをお願いするようになります。

 運ばれてきた資材はあっという間に足場に組み立てられていきます。その早いこと早いこと...。


DSCN9965.jpg


DSCN9967.jpg

 子どもたちも熱いまなざしで、室内から工事の様子を見ています。年長組の女の子が「何作っているの?」と質問してきましたので、「新しく何かを作っているわけではないんだけど、みんなが使っているお部屋に雨漏りなどが無いよう、2階のお部屋のそのまた上の屋上を綺麗に直してもらう工事だよ」と説明しました。屋上には誰も行ったことがありませんが、「そっか~。」と納得してくれましたので、ちょっと安心しました。

 話は変わりますが、園児のご家庭の中には、お子さんだけでなく、そのお父さんお母さんも幼稚園時代にこの園舎で過ごしました!というケースも多くなっています。たいへんうれしく、有り難いことです。目に見える部分ではないのですが、今回の工事も、さらにそういうご家庭が増えていくための一助になればいいな...と思っています。

 期間中はご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 


« 前の記事  | 記事一覧 |    次の記事 »