HOMEブログTOP> 一学期後半の保育が始まりました

一学期後半の保育が始まりました

 西多賀幼稚園史上、最も短かかった休みが終わり、昨日から一学期後半の保育が始まりました。久しぶりの登園でしたが、泣いてお母さんと離れられなかった子が少なかったのは、やはり休みが短かったせいでしょうか。はたまた、春先からずっと、"おうち時間"が長かったため、その反動で、広い空間でお友だちと過ごすことが楽しくて仕方がないのかもしれませんね。残暑は続きますが、またみんなで一緒に頑張っていきましょう。
 
 さて、明日からは何回かに分けて、8月22日(土)におこなわれた年長組の「わくわく保育」を振り返りつつ、皆さんにご紹介していきます。コロナウイルスの影響で、年長組の恒例行事「お泊まり保育」が中止になったこの夏、代わりに年長組のみんなにたくさん「わくわく」してもらえるよう企画しました。明日からのレポートをお楽しみに。

 週間天気予報では、この先も残暑が厳しいようです。そんな中でも、子どもたちは額に汗を光らせながら外遊びを楽しんでいます。熱中症に十分気をつけ、水分補給もしながら、そして、新型コロナウイルス感染症にも注意しつつ、子どもたちにたくさんの経験をしてもらえるよう努めていきます。

 


« 前の記事  | 記事一覧 |    次の記事 »